Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

"'Now!' he said, and lifting it, he drank the stuff. 'We will give it thirty-five minutes,' he continued; 'then, as carbonization proceeds, you will find my pulse will increase, as also the respiration, and presently there will come the darkness again, in the subtlest, strangest fashion; but accompanied now by certain physical and psychic phenomena, which will be owing to the fact that the vibrations it will throw off, will be blent into what I might call the emotional-vibrations, which I shall give off in my distress. These will be enormously intensified, and you will possibly experience an extraordinarily interesting demonstration of the soundness of my more theoretical reasonings. I tested it by myself last week' (He waved a bandaged finger at me), 'and I read a paper to the Club on the results. They are very enthusiastic, and have promised their co-operation in the big demonstration I intend to give on next Good Friday ― that's seven weeks off, to-day.'

"He had ceased smoking; but continued to talk quietly in this fashion for the next thirty-five minutes. The Club to which he had referred was a peculiar association of men, banded together under the presidentship of Baumoff himself, and having for their appellation the title of ― so well as I can translate it ― 'The Believers And Provers Of Christ'. If I may say so, without any thought of irreverence, they were, many of them, men fanatically crazed to uphold the Christ. You will agree later, I think, that I have not used an incorrect term, in describing the bulk of the members of this extraordinary club, which was, in its way, well worthy of one of the religio-maniacal extrudences which have been forced into temporary being by certain of the more religiously-emotional minded of our cousins across the water.

"Baumoff looked at the clock; then held out his wrist to me. 'Take my pulse,' he said, 'it's rising fast. Interesting data, you know.'

****************

 「では!」彼はそれを持ち上げ、飲み干した。「三十五分ほどかかる」と彼は続けた。「炭化が進むにつれて、僕の脈拍は速くなり、呼吸も荒くなるだろう。それから再び闇がやってくるだろうが、それは微妙で、奇妙なものになる。というのは、さっきの純粋に物理的な現象に、心霊現象的なものが伴うからだ。僕がこれから苦痛によって生み出そうと考えているものを、僕は感情の波動と呼んでいるのだが、そこにいわゆる波動が介入する。おそらくそれは強大なものになるだろう。君は僕の理論の正しさを、とても興味深い形で体験することができると思う。僕はそれを先週自分でテストしてみたが(彼は包帯をした指を私に見せた)、その結果の研究発表はクラブに向けてやった。彼らはとても興味を持ってくれたよ。それで彼らは、今日から七週間後の次の聖金曜日(キリストの受難記念日)に私が大きなデモンストレーションをする際に、協力をしてくれると約束してくれたよ」
 彼は煙草を吸うのを止めたが、続く三十五分間、このような調子のままで穏やかに語りつづけた。彼が言及したそのクラブは、バウモフ自身の主催の下に集った男性たちによる特異な団体で、その呼称を《キリストの信奉者と証明者》と言った。その名称は、言い得て妙である。決して不敬な言い方をしたい訳ではないのだが、言わせてもらえるなら、彼らは、いや彼らの大半は、キリストの狂信者と言ってよかった。そのうち皆も、私が間違った言葉を使っていないと納得してくれると思う。この特殊なクラブの会員の大勢の述べるところによると、彼らは独自の宗教的狂気に価値を置いており、一時的に宗教的熱狂で高揚すると、同胞たちがこぞって水の中に進み出ることもあるという。
 
 バウモフは時計を見た。それから私に手首を差し出した。「脈を取ってくれ」と彼は言った。「脈が速くなりつつある。興味深いデータじゃないか」


"Eloi Eloi Lama Sabachthani"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki



***********************

 文中のグレーになっている部分が、ちょっと難しくて、どうも上手く訳せません。考えた末、無理矢理訳しましたが(それは、ここに限らないんですが 笑)、うーん、どうでしょうか?どなたか助け舟を出して下さると嬉しいのですが。。。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/68-85a9908a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。