Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

"I nodded, and drew out my watch. I had noticed that his respirations were increasing; and I found his pulse running evenly and strongly at 105. Three minutes later, it had risen to 175, and his respirations to 41. In a further three minutes, I took his pulse again, and found it running at 203, but with the rhythm regular. His respirations were then 49. He had, as I knew, excellent lungs, and his heart was sound. His lungs, I may say, were of exceptional capacity, and there was at this stage no marked dyspnoea. Three minutes later I found the pulse to be 227, and the respiration 54.

"'You've plenty of red corpuscles, Baumoff!' I said. 'But I hope you're not going to overdo things.'

"He nodded at me, and smiled; but said nothing. Three minutes later, when I took the last pulse, it was 233, and the two sides of the heart were sending out unequal quantities of blood, with an irregular rhythm. The respiration had risen to 67 and was becoming shallow and ineffectual, and dyspnoea was becoming very marked. The small amount of arterial blood leaving the left side of the heart betrayed itself in the curious bluish and white tinge of the face.

"'Baumoff!' I said, and began to remonstrate; but he checked me, with a queerly invincible gesture.

"'It's all right!' he said, breathlessly, with a little note of impatience. 'I know what I'm doing all the time. You must remember I took the same degree as you in medicine.'

"It was quite true. I remembered then that he had taken his M.D. in London; and this in addition to half a dozen other degrees in different branches of the sciences in his own country. And then, even as the memory reassured me that he was not acting in ignorance of the possible danger, he called out in a curious, breathless voice:

"'The Darkness! It's beginning. Take note of every single thing. Don't bother about me. I'm all right!'

****************

 私は頷き、懐中時計を取り出した。私は彼の呼吸が荒くなってゆくことに気がついた。彼の脈拍は規則正しく増え続け、一〇五回に達した。三分後には、脈拍は一七五回にまで達し、呼吸は四一回になった。さらに三分後、私が再び彼の脈を測ったところ、二〇三回を記録したが、そのリズムは一定で、乱れていなかった。呼吸は四九回であった。彼は強靭な肺と心臓を持っているようだった。並外れた肺活量であり、呼吸困難とは無縁のようだった。三分後、彼の脈拍は二二七回で、呼吸数は五四回にまでなった。
 「すごい赤血球を持ってるな、バウモフ!」と私は言った。「だが、やりすぎるな」
 彼は頷き、微笑んだ。だが、何も言わなかった。さらに三分が経過し、私が最後に測った脈拍は二二三回で、 心臓の左右で血液の流れが不均衡となり、不整脈を起こしていた。呼吸は六七回に上昇し、浅く苦しそうで、呼吸困難であることが明らかであった。心臓の左側から出て動脈を流れる血液はほんの僅かでほとんど機能していないため、奇妙な赤みと青白さの混ざった顔色をしていた。
 「バウモフ!」私は言った。そして中止させようとした。だが彼は私をちらりと見て、妙に自信たっぷりな仕草をした。
 「大丈夫だ!」と彼は息を切らせながら、少し苛立った調子で言った。「僕は自分が何をしてるか完璧に理解している。僕が君に負けないくらい医学には精通していることを忘れないでくれ」
 それは本当だった。私は彼が医師の資格をロンドンで取得していたのを思い出した。加えて彼は故国で、科学の分野に於いて、五指に余る異なった学位を取得していたのだ。それで私は、彼が起こり得る危険に頭が回っていないというわけではないのだと思い安心したのだが、その時、彼が息を切らせながら、好奇に満ちた声で叫んだ。
 「闇だ!始まったぞ。全て漏らさずに書き留めておいてくれ。僕のことは心配いらない。僕は平気だから!」


"Eloi Eloi Lama Sabachthani"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki



***************

 関係ない話ではありますが、googleで検索しても、このブログは全く上位には出てきませんね。ウィリアム・ホープ・ホジスンという名前が、(特に僕の)記事の中にあまり出てこないせいかもしれないですね。これまではあまり気にしていなかったのですが、さすがにこれでは淋しいので、ちょっと考えないといけないかもしれないですね。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/69-0ebcdf11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。