Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

"I glanced swiftly round the room. It was as he had said. I perceived it now. There appeared to be an extraordinary quality of gloom growing in the atmosphere of the room. A kind of bluish gloom, vague, and scarcely, as yet, affecting the transparency of the atmosphere to light.

"Suddenly, Baumoff did something that rather sickened me. He drew his wrist away from me, and reached out to a small metal box, such as one sterilizes a hypodermic in. He opened the box, and took out four rather curious looking drawing-pins, I might call them, only they had spikes of steel fully an inch long, whilst all around the rim of the heads (which were also of steel) there projected downward, parallel with the central spike, a number of shorter spikes, maybe an eighth of an inch long.

"He kicked off his pumps; then stooped and slipped his socks off, and I saw that he was wearing a pair of linen inner-socks.

"'Antiseptic!' he said, glancing at me. 'Got my feet ready before you came. No use running unnecessary risks.' He gasped as he spoke. Then he took one of the curious little steel spikes.

"'I've sterilized them,' he said; and therewith, with deliberation, he pressed it in up to the head into his foot between the second and third branches of the dorsal artery.

"'For God's sake, what are you doing!' I said, half rising from my chair.

"'Sit down!' he said, in a grim sort of voice. 'I can't have any interference. I want you simply to observe; keep note of everything. You ought to thank me for the chance, instead of worrying me, when you know I shall go my own way all the time.'

"As he spoke, he had pressed in the second of the steel spikes up to the hilt in his left instep, taking the same precaution to avoid the arteries. Not a groan had come from him; only his face betrayed the effect of this additional distress.

****************

  私は部屋の中をさっと見渡した。彼の言う通りだった。私はすぐにそのことに気付いた。異様な性質の影が現れ、部屋の中を侵食しつつあった。その影は微かに青みを帯びており、蒙昧としていたが、まだかろうじて透光性を保っていた。 
 突然、バウモフは私を不安にさせる行動をとった。彼は手を私から離して、小さな金属製の箱に伸ばした。皮下注射器を殺菌する箱のようなものである。彼はその箱を開き、中から画鋲のような形をした奇妙なものを四つ取り出した。それは一インチほどの長さの鋼の釘が、やはり鋼で出来た頭の部分から下方に向かって突き出たスパイクで、その中央の釘の周りにはそれよりもやや短い八分の一インチほどの釘が数本並んでいてた。
 彼は靴を脱ぎ棄てた。それから屈んで靴下も脱いだが、その時、私は彼がリンネルのインナーソックスを履いているのを見た。
 「消毒剤だよ!」彼は私を一瞥して言った。「君が来る前に、足の準備をしておいたんだ。余計なリスクを負う必要はないからね」彼は息を切らしながら言った。それから彼は奇妙な鋼のスパイクの一つを手にした。
 「これは皆、殺菌済みだ」彼は言った。それから、熟考した上で、彼はそれの頭を上にして、足背動脈の二番目と三番目の分岐点の間に押し当てた。
 「おい、何をするつもりなんだ!」私は半ば椅子から飛び上がりそうになった。
 「座れよ!」彼はぞっとするような声で言った。「干渉は止めてくれ。僕はただ単に君に観察していて欲しいだけなんだ。ちゃんと全て、記録しろよ。君は僕に感謝すべきなんだ。心配している場合じゃない。すべて順調に進んでいるから」
 彼は話しながら、二つ目の鋼製スパイクを左の足の甲に、やはり動脈を避けるように用心しながら、押し込んだ。呻き声ひとつ立てなかった。ただ、苦痛にちょっと顔をしかめただけだった。


"Eloi Eloi Lama Sabachthani"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/70-8cf89fec

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。