Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

"'My dear chap!' he said, observing my upsetness. 'Do be sensible. I know exactly what I'm doing. There simply must be distress, and the readiest way to reach that condition is through physical pain.' His speech had becomes a series of spasmodic words, between gasps, and sweat lay in great clear drops upon his lip and forehead. He slipped off his belt and proceeded to buckle it round both the back of his chair and his waist; as if he expected to need some support from falling.

"'It's wicked!' I said. Baumoff made an attempt to shrug his heaving shoulders, that was, in its way, one of the most piteous things that I have seen, in its sudden laying bare of the agony that the man was making so little of.

"He was now cleaning the palms of his hands with a little sponge, which he dipped from time to time in a cup of solution. I knew what he was going to do, and suddenly he jerked out, with a painful attempt to grin, an explanation of his bandaged finger. He had held his finger in the flame of the spirit lamp, during his previous experiment; but now, as he made clear in gaspingly uttered words, he wished to simulate as far as possible the actual conditions of the great scene that he had so much in mind. He made it so clear to me that we might expect to experience something very extraordinary, that I was conscious of a sense of almost superstitious nervousness.

****************

 「おお、わが友よ!」彼は私の狼狽した様子を観察しつつ、言った。「落ち着けよ。僕は自分が何をやっているのか、完璧に理解しているんだから。こうしたことは単純に必要な苦痛だ。物理的な痛みを利用するのが、条件を整える一番手っ取り早い方法なんだ」彼の言葉は、苦しげな息遣いの間に挟み込まれた断続的な単語の羅列のようになり、額や唇の上の辺りに大粒の汗が透明な玉となって浮かんだ。彼はベルトを素早く外して、自分の胴と椅子の背とを纏めて縛り付け、バックルで留めた。それはまるで椅子から落ちるのを予期して、防ごうとしているかのようだった。
 「酷い有様だ!」と私は言った。バウモフは肩をすくめようとしたが、男性が突然の苦痛をこれほどまでに剥き出しにしているその様子は、私がこれまで見た中でも最も哀れを誘う姿の一つだった。
 今度は、彼は両方の手のひらを、カップに入った溶液に漬した小さなスポンジで拭いた。私には彼が何をするつもりなのか分かっていた。突然、彼は苦しそうな表情のままにやりと微笑んで、指になぜ包帯をしているのか、その説明を始めた。それは、彼が以前行った実験の際に、指がアルコールランプの炎に触れてしまったせいであった。だが今、彼があえぎながらもはっきりと語りかけてくることは、彼の心の中に浮かぶあの偉大な場面にできる限り近い状態をシュミレートしたいのだということだった。彼が指し示したことは、我々がとても神秘的な体験を待ち望んでいるのだということであり、私にはそれがほとんど起こり得ざるものを待つ緊張感のように感じられた。

"Eloi Eloi Lama Sabachthani"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/71-3f4da7c8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。