Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
<原文>
"What is it?" I asked in an undertone, after a couple of moments' further ineffectual peering. "I can't see anything."
"H'sh!" he muttered, hoarsely, without looking in my direction. Then, all at once, with a quick little gasp, he sprang across the wheel-box, and stood beside me, trembling. His gaze appeared to follow the movements of something I could not see.
I must say that I was startled. His movement had shown such terror; and the way he stared to leeward made me think he saw something uncanny.
"What the deuce is up with you?" I asked, sharply. And then I remembered the Second Mate. I glanced forrard to where he lounged. His back was still towards us, and he had not seen Tammy. Then I turned to the boy.
"For goodness sake, get to looard before the Second sees you!" I said. "If you want to say anything, say it across the wheel-box. You've been dreaming."
Even as I spoke, the little beggar caught at my sleeve with one hand; and, pointing across to the log-reel with the other, screamed: "He's coming! He's coming--" At this instant, the Second Mate came running aft, singing out to know what was the matter. Then, suddenly, crouching under the rail near the log-reel, I saw something that looked like a man; but so hazy and unreal, that I could scarcely say I saw anything. Yet, like a flash, my thoughts ripped back to the silent figure I had seen in the flicker of the moonlight, a week earlier.
The Second Mate reached me, and I pointed, dumbly; and yet, as I did so, it was with the knowledge that he would not be able to see what I saw. (Queer, wasn't it?) And then, almost in a breath, I lost sight of the thing, and became aware that Tammy was hugging my knees.
The Second continued to stare at the log-reel for a brief instant; then he turned to me, with a sneer.
"Been asleep, the pair of you, I suppose!" Then, without waiting for my denial, he told Tammy to go to hell out of it and stop his noise, or he'd boot him off the poop.
After that, he walked forrard to the break of the poop, and lit his pipe, again--walking forrard and aft every few minutes, and eyeing me, at times, I thought, with a strange, half-doubtful, half-puzzled look.


それからまた、ちょっとばかり甲斐のない一瞥をくれてから、「どうした。何も見えんぞ」と声を落として言った。
タミーは俺のことも見ないで、しっ!としわがれた声を上げた。それとほとんど同時に、はっと息をもらして、舵輪のこっち側に跳ねるようにやって来ると、横に立ってがたがた震えだした。あいつの視線は俺には見えない何かを追っているみたいだった。
びっくりしたというしかないな。何かを恐がってるってことは、あいつの態度が物語っていたし、向こうを見る姿から、何かを見てるんだってことは察しが付いたからな。
「いったいどうした」俺は鋭くいった。そこで、二等航海士がいることを思い出してね、奴さんがくつろいでる方に目を移すと、まだこっちに背を向けててタミーには気付いていない。それからタミーに向き直って、「たのむから、二航士に見つからん内に風下側に戻れ。何か言いたいんだったら舵輪の向こうから話せよ。夢でも見てたんじゃないのか」
そういったらあの坊主、片手で俺の裾を掴んで、もう一方の手でログリールの向こうを指して叫びだした。「あいつが来る、あいつが来る!」って。すぐに二等航海士が、どうした、って怒鳴りながら走ってきた。そのときふと、ログリールの側の手摺りの下に、どことなく人の様な影が屈みこんでいるように見えたんだ。でもさ、あんまりぼんやりとしてたし、何か見たとは断言できないな。そうしてるとはっと思い出したんだよ、一週間前、揺れる月光の下で見た身動き一つしない影のことをさ。
 二等航海士が側に来ると、俺は黙ってそいつを指さした。ところが、奴さんにはあれが見えないらしいんだな。(おかしなことじゃないか、ええっ?)それから、一息する間もなく見失ってしまった。タミーが肘にしがみついているのに気付いた。二等航海士はちょっとの間、ログリールの方を見つめていたが、こっちに向きなおるって、刺々しく、「お前たち二人共寝ぼけてたんだ、と私は思うがね」というと、俺の言い訳も聞かないで、タミーに、とっとと持ち場に戻れ、たわごとを止めないと船尾楼から蹴落とすぞ、なんていった。
 それから船尾楼の船主側の手摺りまで歩いていくと、またパイプに火を付け、何分かおきに前と後ろを行ったり来たりしながら、時折、俺を睨みつけてきた。疑い半分、困惑半分の奇妙な顔つきだったな。


kane



スポンサーサイト

幽霊海賊再開です。shigeyuki氏とは
ちょっと書き方がかわっていますが、どうぞご勘弁を。また私のつたない訳ですがどうか温かい眼でみてやってください。

kane

2007.07.17 20:11 URL | kane #- [ 編集 ]

おお、再開ですね!
楽しみにしてます。

2007.07.17 22:44 URL | shigeyuki #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/72-b6de66f3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。