Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

"Baurnoff began to speak again, getting his words out between gasps. 'Th' ― this dodge of mine gets the ― pain into the ― the ― right place. Right association of ― of ideas ― emotions ― for ― best ― results. You follow me? Parallelising things ― as ― much as ― possible. Fixing whole attention ― on the ― the death scene ― '

"He gasped painfully for a few moments. 'We demonstrate truth of ― of The Darkening; but ― but there's psychic effect to be ― looked for, through ― results of parallelisation of ― conditions. May have extraordinary simulation of ― the actual thing. Keep note. Keep note.' Then, suddenly, with a clear, spasmodic burst: 'My God, Stafford, keep note of everything. Something's going to happen. Something ― wonderful ― Promise not ― to bother me. I know ― what I'm doing.'

"Baurnoff ceased speaking, with a gasp, and there was only the labour of his breathing in the quietness of the room. As I stared at him, halting from a dozen things I needed to say, I realised suddenly that I could no longer see him quite plainly; a sort of wavering in the atmosphere, between us, made him seem momentarily unreal. The whole room had darkened perceptibly in the last thirty seconds; and as I stared around, I realised that there was a constant invisible swirl in the fast-deepening, extraordinary blue gloom that seemed now to permeate everything. When I looked at the lamp, alternate flashings of light and blue ― darkness followed each other with an amazing swiftness.

****************

 バモウフは再び話し始めたが、言葉は途切れがちだった。
 「こ……こうして自分を偽る事が……痛みを……正しい場所に……導くんだ。正しい知識と……感情が……最高の……結果を……生むんだ。僕の言うことが分かるか?再現するんだ……できる……限り……。全ての意識を……その死の……シーンに合わせるんだ……」
 彼はしばし痛みに喘いだ。「我々は《闇》の真実を……証明するのだ。だが……だがそこには、霊的な要素が存在するということが……条件を……同じにした結果……分かった。《現実のこと》としては、常軌を逸したシュミレーションかもしれないが。記録を頼む。書き留めておいてくれ」その時だった。突然、はっきりと、痙攣するように視界が揺れた。「おお、スタッフォード、記録を続けてくれ。何かが起こる。何か……驚異的なことが……。恐れは……ない。僕は自分が何をやっているのか……わかっているのだから」
 バウモフは喘ぎ、話すのを止めた。静かな部屋の中に、彼の苦しげな息遣いだけが響いていた。私は彼を見詰め、何か言うべき言葉を探していたが、ふと気付いた。彼の姿は、もはやはっきりとした輪郭を持っていなかった。我々を隔てている大気には、何か揺らめくものが介在し、それが彼を一時的に幻のように見せていたのだ。部屋の中全体が、次の続く三〇秒のうちに、はっきりと分かるほどに暗くなった。私は辺りを見渡した。そして、不可視性の渦が一定の速さで急速に深化しており、異様な青い闇が今や部屋の中に充満しているのを知った。ランプを見ると、その光は明るくなったり青暗くなったり、驚くべき速さで明滅していた。

"Eloi Eloi Lama Sabachthani"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/74-2ba2cef4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。