Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

"'My God!' I heard Baumoff whispering in the half-darkness, as if to himself, 'how did Christ bear the nails!'

"I stared across at him, with an infinite discomfort, and an irritated pity troubling me; but I knew it was no use to remonstrate now. I saw him vaguely distorted through the wavering tremble of the atmosphere. It was somewhat as if I looked at him through convolutions of heated air; only there were marvellous waves of blue-blackness making gaps in my sight. Once I saw his face clearly, full of an infinite pain, that was somehow, seemingly, more spiritual than physical, and dominating everything was an expression of enormous resolution and concentration, making the livid, sweat-damp, agonized face somehow heroic and splendid.

"And then, drenching the room with waves and splashes of opaqueness, the vibration of his abnormally stimulated agony finally broke up the vibration of Light. My last, swift glance round, showed me, as it seemed, the invisible aether boiling and eddying in a tremendous fashion; and, abruptly, the flame of the lamp was lost in an extraordinary swirling patch of light, that marked its position for several moments, shimmering and deadening, shimmering and deadening; until, abruptly, I saw neither that glimmering patch of light, nor anything else. I was suddenly lost in a black opaqueness of night, through which came the fierce, painful breathing of Baumoff.

"A full minute passed; but so slowly that, if I had not been counting Baumoff's respirations, I should have said that it was five. Then Baumoff spoke suddenly, in a voice that was, somehow, curiously changed ― a certain toneless note in it:

"'My God!' he said, from out of the darkness, 'what must Christ have suffered!'

****************

 「神よ!」私はバウモフが浅闇の中で、まるで自分自身に言い聞かせるかのように、呟くのを聞いた。「釘に打たれたキリスト様の苦痛が分かります!」
 私は彼をのことを、計り知れないほどの不安を持って見詰めた。灼けつくような哀れみが私を襲った。だが、私にはもはや何もできることはなかった。私は揺らめく大気の向こうに、ぼんやりと歪んだ彼を見た。それは、熱風の生み出す陽炎を通して彼を見詰めているかのようにも思えた。ただ、青黒い奇妙な波が途切れる時だけ、私の視界は保たれた。一度、はっきりと彼の顔を見た。その顔には計り知れない苦痛が覗えたが、どういうわけか、その苦しみは物理的なものというよりはむしろ精神的なもののように感じられた。大いなる決意と集中力を持って苦痛を制御している、鉛色をして汗に湿った彼の苦痛の表情には、どこか英雄的で高貴なものがあった。
 それからまもなく、不透明さが波や飛沫となって部屋を侵して行った。彼の極度の苦痛が生み出した波動が、ついに《光の波動》を無効化してしまったのだ。最後に部屋の中をざっと見渡した時、私には、あたかも眼に見えないエーテルが沸き立ち、断末魔のような渦を描いているかのように思えた。そして、不意に、ランプの炎がちかちかと激しく瞬きながら光を失った。それから暫くの間、その場所では、光が束の間ゆらめいてはふっと消え、またゆらめいては消えということを繰り返していたが、ついには息絶えたように、明滅する灯りだけではなく、あらゆるものが見えなくなってしまった。私は、バウモフの苦しげな荒い息遣いだけが聞こえてくる、漆黒の夜の闇の中に投げ込まれてしまっていた。
 たっぷり一分が過ぎた。だがもし私がバウモフの呼吸を数えていなかったら、きっと五分は経ったと思ったに違いない。それほど長く感じた。バウモフの声がした。だがその声は、どういうわけだか、抑揚を欠いたような、奇妙な調子に変わっていた。
 「神よ!」と彼は暗闇の向こうから言った。「キリスト様はどれほど苦しかっただろう!」

"Eloi Eloi Lama Sabachthani"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/75-a706bf40

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。