Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

"He said: 'Hush! I'm carrying the Cross.' And, do you know, the effect of those simple words, spoken in that new, toneless voice, in that atmosphere of almost unbearable tenseness, was so powerful that, suddenly, with eyes wide open, I saw Baumoff clear and vivid against that unnatural darkness, carrying a Cross. Not, as the picture is usually shown of the Christ, with it crooked over the shoulder; but with the Cross gripped just under the cross-piece in his arms, and the end trailing behind, along rocky ground. I saw even the pattern of the grain of the rough wood, where some of the bark had been ripped away; and under the trailing end there was a tussock of tough wire-grass, that had been uprooted by the lowing end, and dragged and ground along upon the rocks, between the end of the Cross and the rocky ground. I can see the thing now, as I speak. Its vividness was extraordinary; but it had come and gone like a flash, and I was sitting there in the darkness, mechanically counting the respirations; yet unaware that I counted.

"As I sat there, it came to me suddenly ― the whole entire marvel of the thing that Baumoff had achieved. I was sitting there in a darkness which was an actual reproduction of the miracle of the Darkness of the Cross. In short, Baumoff had, by producing in himself an abnormal condition, developed an Energy of Emotion that must have almost, in its effects, paralleled the Agony of the Cross. And in so doing, he had shown from an entirely new and wonderful point, the indisputable truth of the stupendous personality and the enormous spiritual force of the Christ. He had evolved and made practical to the average understanding a proof that would make to live again the reality of that wonder of the world ― CHRIST. And for all this, I had nothing but admiration of an almost stupefied kind.

"But, at this point, I felt that the experiment should stop. I had a strangely nervous craving for Baumoff to end it right there and then, and not to try to parallel the psychic conditions. I had, even then, by some queer aid of sub-conscious suggestion, a vague reaching-out-towards the danger of "monstrosity" being induced, instead of any actual knowledge gained.

"'Baumoff!' I said. 'Stop it.'"

"But he made no reply, and for some minutes there followed a silence, that was unbroken, save by his gasping breathing. Abruptly, Baumoff said, between his gasps: 'Woman ― behold ― thy ― son. ' He muttered this several times, in the same uncomfortably toneless voice in which he had spoken since the darkness became complete.

****************

 彼は言った。「静かにしてくれ!僕は《十字架》を運んでいるんだ」分かるだろうか、聞き慣れなぬ、抑揚を欠いた声で語られたそのシンプルな言葉は、ほとんど忍び難いほどの切実さを帯びており、その効果は絶大だった。大きく見開いた私の眼に、いきなり、十字架を運ぶバウモフの姿が、奇妙な闇を背景にして、はっきりと鮮やかに浮かび上がって見えた。それは絵画でよく知られているような、肩に十字架を引っ掛けるように担いでいるキリストの姿ではなかった。(訳注・1)背負うように横木の下から腕を廻して十字架を掴み、石だらけの地面を引き摺っているのだった。私にはさらに、木皮がめくれあがっている、粗雑な木材の木目の文様さえ見た。そしてその引き摺った跡の終点では雑草がひと塊りになっていたが、それは石だらけの地面の上を引き摺られている十字架が、その石の周りを擦ったり掘ったりして、剥ぎ取ったものだった。私はこうして話しをしながら、今でもその映像を見ることができる。その鮮烈さは、筆舌に尽くし難い体験だったのだ。だがそれはまるで閃光のように一瞬で過ぎ去った。気が付くと、暗闇の中に座って、機械的に呼吸を数えている自分がいた。
 それは突然、じっと座っていた私を襲ったのだ。……全ての驚異は、バウモフによって為されたことであった。私は《十字架の闇》の奇跡が現実に再現されつつある闇の中で座っていた。簡単に言えば、バウモフは彼自身を異常な状態に置くことによって《感情のエネルギー》を限界まで高めたわけだが、それは《十字架の苦しみ》をなぞるという方法によって行われたのだ。そしてそのことによって彼が示した、全く斬新で驚異的な点は、キリストが並外れた個性と底知れない霊的な力を持っていたという、疑う余地もない事実であった。彼は、キリストの驚異の世界をふたたび《リアリティ》のもとに蘇らせて、一般的に受け入れられていることが現実的なことであると証明したのだ。この点において、私はほとんど手放しの賞賛を彼に送る。
 だが、ここにおいて、私はこの実験は中止すべきだと感じた。私はバウモフに対し、こうしたことはすぐに終りにして、もう霊的な状態を重ね合わせるというようなことに挑戦するのは止めて欲しいという、奇妙なほど切迫した欲求を持ったのだ。私はその時、現実的な知識を得るつもりで恐るべき《怪異》の発生に手を伸ばしつつあるのだという漠然とした思いを抱いたのだが、その奇妙な感覚は無意識が囁きかけてくることであった。
 「バウモフ!」私は言った。「もう止そう」
 だが彼は答えなかった。聞こえてくるのは彼の喘ぐような息遣いだけで、そのまま数分間沈黙が続いた。突然、バウモフは喘ぐ声の合間に、こう言った。「女……見詰めている……その……息子を」彼はそれを数回、闇が完全に辺りを覆って以来彼が使っている、抑揚のない、気味の悪い声で呟いた。

"Eloi Eloi Lama Sabachthani"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


*********************

訳注・1 リンク先は、エル・グレコの絵。多分、こんな感じでしょうね。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/78-b55654a2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。