Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
<原文>
After that, he walked forrard to the break of the poop, and lit his pipe, again--walking forrard and aft every few minutes, and eyeing me, at times, I thought, with a strange, half-doubtful, half-puzzled look.
Later, as soon as I was relieved, I hurried down to the 'prentice's berth. I was anxious to speak to Tammy. There were a dozen questions that worried me, and I was in doubt what I ought to do. I found him crouched on a sea-chest, his knees up to his chin, and his gaze fixed on the doorway, with a frightened stare. I put my head into the berth, and he gave a gasp; then he saw who it was, and his face relaxed something of its strained expression.
He said: "Come in," in a low voice, which he tried to steady; and I stepped over the wash-board, and sat down on a chest, facing him.
"What was it?" he asked; putting his feet down on to the deck, and leaning forward. "For God's sake, tell me what it was!"
His voice had risen, and I put up my hand to warn him.
"H'sh!" I said. "You'll wake the other fellows."
He repeated his question, but in a lower tone. I hesitated, before answering him. I felt, all at once, that it might be better to deny all knowledge--to say I hadn't seen anything unusual. I thought quickly, and made answer on the turn of the moment.
"What was what?" I said. "That's just the thing I've come to ask you. A pretty pair of fools you made of the two of us up on the poop just now, with your hysterical tomfoolery."
I concluded my remark in a tone of anger.
"I didn't!" he answered, in a passionate whisper. "You know I didn't. You know you saw it yourself. You pointed it out to the Second Mate. I saw you."
The little beggar was nearly crying between fear, and vexation at my assumed unbelief.
"Rot!" I replied. "You know jolly well you were sleeping in your time-keeping. You dreamed something and woke up suddenly. You were off your chump."
I was determined to reassure him, if possible; though, goodness! I wanted assurance myself. If he had known of that other thing, I had seen down on the maindeck, what then?
"I wasn't asleep, any more than you were," he said, bitterly. "And you know it. You're just fooling me. The ship's haunted."
"What!" I said, sharply.
"She's haunted," he said, again. "She's haunted."
"Who says so?" I inquired, in a tone of unbelief.
"I do! And you know it. Everybody knows it; but they don't more than half believe it . . . I didn't, until tonight."
"Damned rot!" I answered. "That's all a blooming old shellback's yarn. She's no more haunted than I am."
"It's not damned rot,' he replied, totally unconvinced. "And it's not an old shellback's yarn . . . Why won't you say you saw it?" he cried, growing almost tearfully excited, and raising his voice again.
I warned him not to wake the sleepers.
"Why won't you say that you saw it?" he repeated.
I got up from the chest, and went towards the door.
"You're a young idiot!" I said. "And I should advise you not to go gassing about like this, round the decks. Take my tip, and turn-in and get a sleep. You're talking dotty. Tomorrow you'll perhaps feel what an unholy ass you've made of yourself."
I stepped over the washboard, and left him. I believe he followed me to the door to say something further; but I was half-way forrard by then.
For the next couple of days, I avoided him as much as possible, taking care never to let him catch me alone. I was determined, if possible, to convince him that he had been mistaken in supposing that he had seen anything that night. Yet, after all, it was little enough use, as you will soon see. For, on the night of the second day, there was a further extraordinary development, that made denial on my part useless.


俺は当直が明けるとすぐに、見習いの船室へと急いだ。あいつと話しをしたかった。悩む理由はいくらもあったし、それにどうしたものかと迷ってたんだ。あいつは衣類箱の上で膝を顎にくっつけて縮こまり、何かにおびえるように入口を睨みつけてた。俺が船室を覗きこんだら、あいつははっと息を飲んだが、入って来たのが誰だかわかると、こわばった顔つきがゆるんでいくのがわかった。そして、落ち着きを示そうといわんばかりに「どうぞ」と低い声で言った。俺は波切り板を越え、あいつと向き合うようにして衣類箱に腰を下ろした。
「あれは何なんです」タミーは足を床におろし、身を乗り出していった。
「お願いですから、あれが何なのか教えて下さい」あいつの声が高くなったんで、俺は手を揚げて制した。「しっ!他の奴らを起こしたいのか」
 あいつは同じことを繰り返したが、今度は低い声だった。俺は言葉を返そうとして、少しためらいを感じた。こいつには全てを話さないほうがいいんじゃないのかって思ったんだよ、何の妙なものも見てないとかなんとかいってさ。すばやく考えを巡らせ、答えを返した。
「何が何だって、ちょうどこれから聞かせてもらおうと思ってたところだ。たった今、船尾楼の上でヒステリックな馬鹿げた身振りで俺達ふたりにしてみせた悪ふざけのことだ」怒ったような調子で言葉を切った。
「悪ふざけなんかじゃありません!」ささやくような声で激しい感情をこめてタミーは答えた。「そんなことしてないってわかってるはずです。自分で見たでしょう、二等航海士に指さしたじゃないですか。ぼくは見たんですからね」俺のスッとぼけに恐れ苛立ち、今にも叫び出さんばかりだ。
「下らん!おまえは計時係の真っ最中に居眠りぶっこいてたのをよくわかってるんだろう、何か夢を見てすぐに眼を覚ましたんだ。気でも違ったのか」
 できるならあいつを安心させてやろうと思ってた。しかし、神よ!俺こそが自信を必要としていたんだ。もし、あいつが他のことを、俺がメイン・デッキで見た奴みたいななことを知っていたとすれば、いったいどうだろう!
「あなたほどもねぼけてなんかいませんでしたよ」あいつは苦々しげにいった。
「あれのこと知ってるんでしょ、からかってるだけなんだ。この船は取り憑かれてるんだ」
「何だと」
「この船は取り憑かれてるんだ」そしてまた「この船は呪われてるんだ」
「誰がそんなことをいった」俺は少しだって信じていないっていうふうに尋ねた。
「ぼくがです!あなたも知ってるんでしょう。みんな知ってますよ。だけど、その半分も信じちゃいない。・・・ぼくも今晩まではそうでしたがね」
「くだらんたわごとだ!そんなもの老いぼれ水夫の噂話しさ。この船はな、俺ほども呪われちゃいねえよ」
「くだらんたわごとなんかじゃないです」あいつは言い返した、全く納得してないようだった。「それに老いぼれ水夫の噂話しでもありませんよ・・・どうしてあれを見たっていってくれないんです」と、涙も流さんばかりに興奮して声を張り上げた。俺は、寝ている奴らを起こさないよう制した。
「どうしてあれを見たっていってくれないんです」あいつは繰り返した。
 俺は衣類箱から立ち上がるとドアに向かった。
「おまえは馬鹿なくそがきさ。一ついっといてやろう、もうデッキでさっきみたいにほらを吹いて回わらんことだ。俺の言う事はきいといたほうがいいぞ。そしてさっさと寝ろよ。おまえ、いうことが何か妙だぞ。明日になったら何てつまらない事をやったんだって思うだろうさ」
そして、波切板を跨いでタミーのとこを後にした。あいつはまだ何かいおうとしてドアまで追ってきたみたいだったが、俺はもう、ずっと先へ行ってしまってた。
 それからの二日間、できるだけあいつを避け続け、一人きりで捕まらないように気をつけた。できるなら、あの夜、他の何かを見間違えたんだとかなんとかいって言い篭めてやろうと決めたんだ。だけど、すぐにわかるだろうが、そんなことほとんど意味がなかったよ。二日目の夜、俺の方をはねつけるような、もっととんでもない展開があったんだ。

訳がよく分からない部分はshigeyuki氏にならって色をつけました。
よい意見がありましたら、コメントお願いします。

kane

スポンサーサイト

ちょっと不在だったので、遅くなりました。

訳が良く分からない部分ですが、

「二日後の夜、俺のそんな思惑を無にするような、もっととんでもない展開があったんだ」

という感じだと思うのですが、どうでしょう。

2007.08.06 19:21 URL | shigeyuki #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/79-83295291

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。