Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

"'Baumoff.' I said again. 'Baumoff! Stop it.' " And as I listened for his answer, I was relieved to think that his breathing was less shallow. The abnormal demand for oxygen was evidently being met, and the extravagant call upon the heart's efficiency was being relaxed.

"'Baumoff!' I said, once more. 'Baumoff! Stop it!'"

"And, as I spoke, abruptly, I thought the room was shaken a little.

"Now, I had already as you will have realised, been vaguely conscious of a peculiar and growing nervousness. I think that is the word that best describes it, up to this moment. At this curious little shake that seemed to stir through the utterly dark room, I was suddenly more than nervous. I felt a thrill of actual and literal fear; yet with no sufficient cause of reason to justify me; so that, after sitting very tense for some long minutes, and feeling nothing further, I decided that I needed to take myself in hand, and keep a firmer grip upon my nerves. And then, just as I had arrived at this more comfortable state of mind, the room was shaken again, with the most curious and sickening oscillatory movement, that was beyond all comfort of denial.

"'My God!' I whispered. And then, with a sudden effort of courage, I called: 'Baumoff! For God's sake stop it."

****************

 「バウモフ!」私はまた言った。「バウモフ!やめろって言ってるだろ!」そして私は彼の答えを待って耳を澄ましたが、彼の呼吸がやや浅くなったように感じて安堵した。酸素の消費量が異常だったのは明らかだったから、心臓にかかっていた負担が落ち着きつつあるのだ。
 「バウモフ!」私はまた言った。「バウモフ!止そう!」
 そう私が言った時、不意に、部屋の中が少し揺らいだような気がした。
 その時私は、多分想像がつくだろうが、一種独特の不安を漠然と感じていた。それがこの場合最も的を得た表現だろう。ところがこの奇妙で微かな揺らぎは、全き暗闇の中に沈んでいる部屋を掻き乱したように思え、私の不安をさらに増大させた。私はその事実に怯え、恐怖した。だが、まだそれが確かに起こったことだと判断するには至っていなかった。それで、それから長い時間じっと身体を固くして座っていたが、もはや何も起こらないと判断すると、私は自分の感情をコントロールして、神経をしっかりと保つ必要があると強く思った。私がそうやってようやく心の平穏を取り戻したまさにその時、部屋は再び揺れた。それはなんとも奇妙な、吐き気を催すような振動であり、あらゆる平穏さを奪い去るものであった。
 「ああ!」と私は呟いた。それから私は勇気を出して叫んだ。「バウモフ!頼むから止めてくれ

"Eloi Eloi Lama Sabachthani"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/80-16745586

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。