Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

"You've no idea of the effort it took to speak aloud into that darkness; and when I did speak, the sound of my voice set me afresh on edge. It went so empty and raw across the room; and somehow, the room seemed to be incredibly big. Oh, I wonder whether you realise how beastly I felt, without my having to make any further effort to tell you.

"And Baumoff never answered a word; but I could hear him breathing, a little fuller; though still heaving his thorax painfully, in his need for air. The incredible shaking of the room eased away; and there succeeded a spasm of quiet, in which I felt that it was my duty to get up and step across to Baumoffs chair. But I could not do it. Somehow, I would not have touched Baumoff then for any cause whatever. Yet, even in that moment, as now I know, I was not aware that I was afraid to touch Baumoff.

"And then the oscillations commenced again. I felt the seat of my trousers slide against the seat of my chair, and I thrust out my legs, spreading my feet against the carpet, to keep me from sliding off one way or the other on to the floor. To say I was afraid, was not to describe my state at all. I was terrified. And suddenly, I had comfort, in the most extraordinary fashion; for a single idea literally glazed into my brain, and gave me a reason to which to cling. It was a single line:

****************

 そんな闇の中で大きな声で話すためにはどれほどの努力が必要であるか、あなたには分からないだろう。私は話しながら、自分の声の響きに今更ながら不安にさせられた。それは空虚に、とても寒々しく部屋の中に響いた。そしてどういうわけか、部屋が信じられないほど巨大に感じた。ああ、いくら言葉を尽くして語っても、その感じをどれだけ伝えることが出来るものだろうか。
 バウモフはどんな返答も返しては寄越さなかった。だが私は彼のやや深くなった呼吸を聞く事ができた。とはいえ、彼の胸郭は空気を希求するかのように、苦しげな起伏を繰り返していた。奇妙な部屋の振動は収まった。かわりに、水を打ったような静寂がやってきた。私はそうすることが自分の責任だと感じ、立ち上がって、バウモフの椅子の方に向かって足を踏み出そうとした。だが私は躊躇した。どういうわけか、私はその時どんな形でもバウモフに触れる気にはなれなかった。その時には分からなかったが、今の私にはわかる。私は無意識のうちに、バウモフに触れることを「恐れて」いたのだ。
 それから再び振動が始まった。私は自分のズボンが椅子の上で滑るのを感じた。それで私は足を突き出し、カーペットの上で広げて、フロアの上を滑ってゆかないようにふんばった。恐れていた、という言葉では私の状態を正確には言い表せていない。私は怯えていたのだ。だが突然、私は最も奇妙な形で、心を落ち着けることになった。一つのアイデアが、パッと頭の中を照らしたように思ったのだ。それが私を、事の成り行きを見守ろうと決心させた理由だった。全ては、一つの線上にあることなのだ。

"Eloi Eloi Lama Sabachthani"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/81-f2234398

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。