Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

"'Æther, the soul of iron and sundry stuffs' which Baumoff had once taken as a text for an extraordinary lecture on vibrations, in the earlier days of our friendship. He had formulated the suggestion that, in embryo, Matter was, from a primary aspect, a localised vibration, traversing a closed orbit. These primary localised vibrations were inconceivably minute. But were capable, under certain conditions, of combining under the action of keynote-vibrations into secondary vibrations of a size and shape to be determined by a multitude of only guessable factors. These would sustain their new form, so long as nothing occurred to disorganise their combination or depreciate or divert their energy ― their unity being partially determined by the inertia of the still Æther outside of the closed path which their area of activities covered. And such combination of the primary localised vibrations was neither more nor less than matter. Men and worlds, aye! and universes.

"And then he had said the thing that struck me most. He had said, that if it were possible to produce a vibration of the Æther of a sufficient energy, it would be possible to disorganise or confuse the vibration of matter. That, given a machine capable of creating a vibration of the Æther of a sufficient energy, he would engage to destroy not merely the world, but the whole universe itself, including heaven and hell themselves, if such places existed, and had such existence in a material form.

"I remember how I looked at him, bewildered by the pregnancy and scope of his imagination. And now his lecture had come back to me to help my courage with the sanity of reason. Was it not possible that the Æther disturbance which he had produced, had sufficient energy to cause some disorganisation of the vibration of matter, in the immediate vicinity, and had thus created a miniature quaking of the ground all about the house, and so set the house gently a-shake?

"And then, as this thought came to me, another and a greater, flashed into my mind. 'My God!' I said out loud into the darkness of the room. It explains one more mystery of the Cross, the disturbance of the Æther caused by Christ's Agony, disorganised the vibration of matter in the vicinity of the Cross, and there was then a small local earthquake, which opened the graves, and rent the veil, possibly by disturbing its supports. And, of course, the earthquake was an effect, and not a cause, as belittlers of the Christ have always insisted.

"'Baumoff!' I called. 'Baumoff, you've proved another thing. Baumoff! Baumoff! Answer me. Are you all right?'

****************

 「エーテル、鋼の精神、そして種々様々な素質」かつてバウモフは、我々がまだ友情を深め始めたばかりの頃に、波動についての注目すべき講義の中でそのことを扱ったことがある。彼は、初期段階では、「物質」は、その基本的な性質から、限定的な範囲の中のみで作用する局部的波動であるということを示唆し、それを定式化した。それら初期の局部的波動は想像もつかないほどに小さい。だが一定の条件下で、波動の基調にのっとって化合すれば、多くの推測できる要素によってのみ決定された大きさと形状を持った、第二段階の波動に導くことが可能である。結合が解かれるとか、消滅するとか、エネルギーが転化するとか、そういったことが起きさえしなければだが、波動は新しい形状を維持できるだろう──その結合は、静かなエーテルの持つ不活性さのせいで、波動が活性を持つことのできる領域が閉路となって隠されているために、不安定なものなのだけれども。ところで、そのような初期段階の局部的波動こそが、物質に他ならないのだ。人も、世界も、ああ!そして、宇宙さえも。
 それから彼が言った言葉は、さらに私を打ちのめした。彼は言った。もし十分なエネルギーをエーテルの波動から生み出すことが可能ならば、物質の波動を破壊するか、さもなくば掻き乱すことが可能だろう。だから、エーテルの巨大なエネルギーの波動を生み出すことが出来る機械が手に入るとしたならば、世界はおろか、天国や地獄(もしそんなものがあるとして、さらにそれが物質的な形を持っているとするならばだが)をも含めた宇宙そのものさえ破壊してしまえることが、約束されたことになるだろう。
 私はその空想力の広大さと豊かさに当惑して、彼を見詰めたことを覚えている。そして今、彼の講義が再び脳裏に蘇ったが、今度は理性を保つ勇気を与えてくれた。彼によって生み出されたエーテルの撹乱が、このすぐ近隣の物質の波動をいくらかでも破壊するのに足りるだけのエネルギーを持っていることはありえないのではないか。せいぜいがこの家の周囲に小さな地震を引き起こすか、ひょっとしたら、家をちょっと揺らすだけなのではないだろうか?
 だがその時、そうした考えと平行して、もう一つの、もっと大きな閃きが頭の中に浮かんだ。「ああ、そういうことか!」と私は部屋の闇に向かって大きな声で叫んだ。それは、もう一つの十字架の謎を解き明かす閃きであった。エーテルの撹乱がキリストの苦しみによって引き起こされ、十字架の周囲にある物質の波動を乱した。その結果、小規模な局地的地震が生じたのだ。墓穴が開いたとか、ベールが裂けたとかいうのは、もしかしたら彼の支持者らによる喧伝なのかもしれないけれども。もちろん地震は結果であって、キリストが常々戒めていたように、それを目的としていたわけでは決してない。
 「バウモフ!」私は言った。「バウモフ、君はもう一つのことを証明してみせたんだ。バウモフ!バウモフ!答えてくれ!どうしたんだ?」

"Eloi Eloi Lama Sabachthani"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/82-8b36a769

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。