Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

"Baumoff answered, sharp and sudden out of the darkness; but not to me:

"'My God!' he said. 'My God!' His voice came out at me, a cry of veritable mental agony. He was suffering, in some hypnotic, induced fashion, something of the very agony of the Christ Himself.

"'Baumoff!" I shouted, and forced myself to my feet. I heard his chair clattering, as he sat there and shook. 'Baumoff!'

An extraordinary quake went across the floor of the room, and I heard a creaking of the woodwork, and something fell and smashed in the darkness. Baumoffs gasps hurt me; but I stood there. I dared not go to him. I knew then that I was afraid of him ― of his condition, or something I don't know what. But, oh, I was horribly afraid of him.

"'Bau ― ' I began, but suddenly I was afraid even to speak to him. And I could not move. Abruptly, he cried out in a tone of incredible anguish:

"'Eloi, Eloi, lama sabachthani!'But the last word changed in his mouth, from his dreadful hypnotic grief and pain, to a scream of simply infernal terror.

"And, suddenly, a horrible mocking voice roared out in the room, from Baumoff's chair: 'Eloi, Eloi, lama sabachthani!'

"Do you understand, the voice was not Baumoff's at all. It was not a voice of despair; but a voice sneering in an incredible, bestial, monstrous fashion. In the succeeding silence, as I stood in an ice of fear, I knew that Baumoff no longer gasped. The room was absolutely silent, the most dreadful and silent place in all this world. Then I bolted; caught my foot, probably in the invisible edge of the hearth-rug, and pitched headlong into a blaze of internal brain-stars. After which, for a very long time, certainly some hours, I knew nothing of any kind.

****************

 闇を裂くように、バウモフの鋭い声がした。だがそれは私に向けたものではなかった。
 「神よ!」と彼は言った。「神よ!」彼の声は真に苦悩に満ちた魂の叫びとして私に迫ってきた。苦しむ彼の姿は、催眠状態の中にあるかのようだった。それはまるで、キリストの味わった苦悩そのものを体現しようとしているかのようであった。
 「バウモフ!」私は叫び、何とかして立ち上がろうとした。私の耳に、彼の椅子のガタガタと鳴る音が、まるでその上に座っている彼が震えているかのように聞こえてきた。「バウモフ!」
 強烈な振動が部屋のフロアを駆け巡った。床木が軋み、何かが落下して砕ける音が聞こえた。バウモフの苦しむ声が痛々しかった。だが、私はただ立ち尽くしていた。私には彼の所に行く勇気がなかった。その時にはもう私は気付いていた。私は彼を恐れているのだ……彼の状態か、さもなくばもっと別の私にはわからない何かを。いや、そうではない、私は彼自身を恐れているのだ。
 「バウ……」私は言いかけたが、突然彼に声をかけることさえ怖くなった。私は動けなかった。突然、彼は信じ難いほど苦痛に満ちた声で叫んだ。
 「エリ・エリ・ラマ・サバク……!」だがその言葉の終りの方は、何かに取り憑かれたような悲嘆と苦痛のせいで、単に地獄のような恐怖から来る悲鳴のようになって、彼の口の中から歪んで出てきた。
 その時突然、バウモフの椅子の方から、身も凍るような嘲笑が部屋の中に轟き渡った。「エリ・エリ・ラマ・サバクタニ!」
 分かってもらえるだろうか?その声は決してバウモフのものではなかった。それは絶望に満ちた声ではなかったのだ。そう、その声は獣のような、あるいは怪物のような、そんなぞっとする響きを持つ冷笑だった。氷のような恐怖を抱いて立ち尽くす私の周りに、ひたひたと静寂が戻ってきて、私はもはやバウモフの喘ぎ声が聞こえては来ない事を知った。部屋は完璧な静寂に包まれていた。そこはこの世界で最も忌まわしく、静かな場所であった。すぐに私は駆け出した。だが足を敷物の端か何かに取られ、眼から星の出る勢いで、まっ逆さまに転倒した。それから長い時間──おそらく数時間に渡って──私は気を失ったままだった。

"Eloi Eloi Lama Sabachthani"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/83-98bfdd43

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。