Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

"I came back into this Present, with a dreadful headache oppressing me, to the exclusion of all else. But the Darkness had dissipated. I rolled over on to my side, and saw Baumoff and forgot even the pain in my head. He was leaning forward towards me: his eyes wide open, but dull. His face was enormously swollen, and there was, somehow, something beastly about him. He was dead, and the belt about him and the chair-back, alone prevented him from falling forward on to me. His tongue was thrust out of one corner of his mouth. I shall always remember how he looked. He was leering, like a human-beast, more than a man.

"I edged away from him, across the floor; but I never stopped looking at him, until I had got to the other side of the door, and closed between us. Of course, I got my balance in a bit, and went back to him; but there was nothing I could do.

"Baumoff died of heart-failure, of course, obviously! I should never be so foolish as to suggest to any sane jury that, in his extraordinary, self-hypnotised, defenseless condition, he was "entered" by some Christ-apeing Monster of the Void. I've too much respect for my own claim to be a common-sensible man, to put forward such an idea with seriousness! Oh, I know I may seem to speak with a jeer; but what can I do but jeer at myself and all the world, when I dare not acknowledge, even secretly to myself, what my own thoughts are. Baumoff did, undoubtedly die of heart-failure; and, for the rest, how much was I hypnotised into believing. Only, there was over by the far wall, where it had been shaken down to the floor from a solidly fastened-up bracket, a little pile of glass that had once formed a piece of beautiful Venetian glassware. You remember that I heard something fall, when the room shook. Surely the room did shake? Oh, I must stop thinking. My head goes round.

****************

 再び意識を取り戻した時、他の何よりも、酷い頭痛に悩まされた。しかし《闇》は消滅していた。私は寝返りを打って身体を横にしたが、バウモフの姿を眼にすると、頭の痛みさえ吹き飛んでしまった。彼は私の方に向かって項垂れていた。彼の目は大きく見開かれ、光を失っていた。彼の顔は大きく膨れ上がっていた。その表情には、どういう訳か、どこか獣めいたものが窺えた。彼は死んでいた。彼と椅子の背を結び付けているベルトだけが、彼が私の方に向かって崩れ落ちるのを防いでいた。彼の口の端からは、舌がだらりと垂れ下がっていた。私は彼の眼差しが忘れられない。彼は、人と言うよりは獣人のような、流し目をこちらに送っていたのだ。
 私はじりじりと彼から遠ざかり、フロアを横切っていった。反対側のドアに辿り着き、扉が我々を隔ててしまうまで、私は決して彼から目を離さなかった。もちろん、私はすぐに我に返り、彼の元に取って返した。だが、私に出来る事など何もなかった。
 バウモフは心不全で死んだ。もちろんそれは明白だ!私は、「彼は常軌を逸した自己催眠の結果、無防備な状態に陥り、キリストを真似た虚空の怪物に『取り付かれた』のだ」などと、まともな検死官に対して示唆するような愚を犯すべきではないのだろう。私は常識人であるには余りにも自分の考察を尊重しすぎている。だからそんな考えを真剣に提唱してしまうのだ。ああ、私は自虐的な言い方をしているのかもしれない。だが、自分の考えていることを認める勇気がなく、自分自身にさえ偽る時、全ての世界や自分自身に対して嘲ってみせる以外にできることなどありはしない。バウモフは死んだ。疑いもなく、心不全によって命を失った。その点については、幾らでも自分に思い込ませることができる。ただ一つ、ずっと向こうの壁にしっかりと固定されていた張り出し棚から床に落下して、今では小さなガラスの破片となってしまったもの、あれはかつては美しいベネチアングラスの形をしていたのだ。部屋が揺れた時に私が耳にした、何かが落下する音を覚えているだろう。部屋は、確かに揺れた?ああ、私は考えるのを止めるべきなのだ。考えても、どこにも行き着かないのだから。

"Eloi Eloi Lama Sabachthani"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/84-2e3e52de

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。