Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

"The explosive the papers are talking about. Yes, that's Baumoff's; that makes it all seem true, doesn't it? They had the darkness at Berlin, after the explosion. There is no getting away from that. The Government know only that Baumoff's formulae is capable of producing the largest quantity of gas, in the shortest possible time. That, in short, it is ideally explosive. So it is; but I imagine it will prove an explosive, as I have already said, and as experience has proved, a little too impartial in its action for it to create enthusiasm on either side of a battlefield. Perhaps this is but a mercy, in disguise; certainly a mercy, if Baumoff's theories as to the possibility of disorganising matter, be anywhere near to the truth.

"I have thought sometimes that there might be a more normal explanation of the dreadful thing that happened at the end. Baumoff may have ruptured a blood-vessel in the brain, owing to the enormous arterial pressure that his experiment induced; and the voice I heard and the mockery and the horrible expression and leer may have been nothing more than the immediate outburst and expression of the natural "obliqueness" of a deranged mind, which so often turns up a side of a man's nature and produces an inversion of character, that is the very complement of his normal state. And certainly, poor Baumoff's normal religious attitude was one of marvellous reverence and loyalty towards the Christ.

"Also, in support of this line of explanation, I have frequently observed that the voice of a person suffering from mental derangement is frequently wonderfully changed, and has in it often a very repellant and inhuman quality. I try to think that this explanation fits the case. But I can never forget that room. Never."

END



****************

 新聞が書き立てていた爆薬。そうだ、あれはバウモフのものだ。明白だと思わないか?爆発の後、ベルリンを闇が覆ったのだ。それを避けるすべはない。だが、政府が知っているのは、バウモフの定理が知られている限り最も短時間で大量のガスを発生させることができるということだけだ。それは、つまるところ、理想的な爆発誘発物質ということになる。そういうわけだ。だが私が既に述べたような体験が明らかにしたように、その爆薬は、戦場ではどちらの陣営にもあまねくその威力を発揮することになると私は思う。それにもしかしたら、それでも甘すぎる考えなのかもしれない。物質の組成を破壊することが可能であるというバウモフの理論が、真実にいくらかでも近いものとするならば、それは疑いもなく甘すぎる考えに違いない。
 私は時々、最後に起こったあの恐ろしい出来事について、もっと常識的な解釈があるのではないかと考える。バウモフは、彼自身が行っていた実験の結果動脈圧が過大となり、脳の血管が破裂したのかもしれない。私が耳にした声や嘲笑、それに身の毛もよだつような表情や流し目、そうしたものは錯乱によって発作的に出てきた自然な《斜格性》にすぎないのかもしれない。人には、普段の性格とは打って変わった全く逆の一面を覗かせることがよくあるが、それは実はその人の基底状態を補完しているものだ。そしてもちろん、気の毒なバウモフの普段の宗教に対する姿勢は、キリストに対して敬虔で忠実なものであった。
 また、この一筋の解釈にすがるために、私はたびたび精神に異常をきたして苦しんでいる人の声を観察するのだが、彼らの声は絶えず驚くほどの変化を見せ、そしてしばしば、とても攻撃的で冷酷な調子を持つ。そのことから、私はこの解釈を一連の出来事に対する真実だと思い込もうとしている。だが、私は決してあの部屋を忘れることなど出来ない。決して。

<終>


"Eloi Eloi Lama Sabachthani"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/85-687a3b01

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。