Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
<原文>
The fellows were a bit excited in a sort of subdued way; though I am inclined to think there was far more curiosity and, perhaps, a certain consciousness of the strangeness of it all. I know that, looking to leeward, there was a tendancy to keep well together, in which I sympathised.
"Must be a bloomin' stowaway," one of the men suggested.
I grabbed at the idea, instantly. Perhaps--And then, in a moment, I dismissed it. I remembered how that first thing had stepped over the rail into the sea. That matter could not be explained in such a manner. With regard to this, I was curious and anxious. I had seen nothing this time. What could the Second Mate have seen? I wondered. Were we chasing fancies, or was there really someone--something real, among the shadows above us? My thoughts returned to that thing, Tammy and I had seen near the log-reel. I remembered how incapable the Second Mate had been of seeing anything then. I remembered how natural it had seemed that he should not be able to see. I caught the word "stowaway" again. After all, that might explain away this affair. It would--
My train of thought was broken suddenly. One of the men was shouting and gesticulating.
"I sees 'im! I sees 'im!" He was pointing upwards over our heads.
"Where?" said the man above me. "Where?"
I was looking up, for all that I was worth. I was conscious of a certain sense of relief. "It is real, then," I said to myself. I screwed my head round, and looked along the yards above us. Yet, still I could see nothing; nothing except shadows and patches of light.
Down on deck, I caught the Second Mate's voice.
"Have you got him?" he was shouting.
"Not yet, Zur," sung out the lowest man on the lee side.
"We sees 'im, Sir," added Quoin.
"I don't!" I said.
"There 'e is agen," he said.
We had reached the t'gallant rigging, and he was pointing up to the royal yard.
"Ye're a fule, Quoin. That's what ye are."
The voice came from above. It was Jock's, and there was a burst of laughter at Quoin's expense.
I could see Jock now. He was standing in the rigging, just below the yard. He had gone straight away up, while the rest of us were mooning over the top.
"Ye're a fule, Quoin," he said, again, "And I'm thinking the Second's juist as saft."
He began to descend.
"Then there's no one?" I asked.
"Na'," he said, briefly.
As we reached the deck, the Second Mate ran down off the poop. He came towards us, with an expectant air.

 男たちはじっと押し殺してはいたが興奮気味だった。けれども俺は、もっとおかしなことが、そしてたぶん、これまで起きた奇妙な事件の何かの意識があったのだ、と考えるようになっている。そして風下側を見やって、そこには俺と同じように、皆の心をがっちり一つにする流れがあったのだと思う。
「密航者がおるに違げえねえ」誰かがいった。すぐに、そいつはうまい考えだと思った、たぶん―と、その瞬間やめてしまったよ。初めて見た奴のことを思いだしたんだ。そいつは海から手摺りを越えて入ってきた。あれは密航者なんかじゃ説明できやしない。これには興味は引かれたが、心配もあった。俺は今度はなにも見てない。二等航海士はいったい何を見たっていうんだ。俺は訝った。俺たちは幻を追っかけてるんじゃないか、それとも真上の暗闇の中には本当に誰か、いや、何かがいるんだろうか。心はタミーとログリールの側に見たものへと移っていった。そのとき何も見つけられなかった二等航海士がどれほど無能に見えたか覚えている。何も見ようともしなかったことがどれほど当然なことに思えたか覚えている。そして、また「密航者」という言葉をかみしめた。まったく、それなら今回は納得がいくじゃないか。こいつは・・・思考はふいに断ち切られた。誰かが叫び、興奮して手を振っている。 「いたぞ!見つけた!」そいつは頭上のずっと先を指さしていた。
「どこだ」真上の男がいった。    
俺は懸命に上を見上げた。何か安心した気分になっていった。そして、「こいつは本物の人間だ」とつぶやいた。首をひねり帆桁に沿って目を走らせた、けれどもまだ何も見えなかった。見えるのは光と影のつぎはぎ模様ばかりだ。
デッキから二等航海士の怒鳴り声がきこえてきた。「あいつを見つけたか」
「まんだです、シャー」風下側の一番下の男が答える。                           「俺らにゃ見えます、サー」コインが付け加えた。        
「私にはみえません!」俺はいった。
「ほれ、また見えたぞ。」
俺たちがトゲルン・リギングまで登りきると、コインがローヤル・ヤードの上を指さしていた。
「コインよ、このばかたれめ。お前んことじゃ」
その声は真上からきこえてきた。そいつはジョックだった。コインのはやとちりをげらげら笑っている。       そのうちジョックの姿が見えるようになった、あいつは帆桁の真下の索具にいた。俺たちがトップでもたもたしてる間に、まっすぐ登りきってしまってたんだな。
「コイン、このばかたれめ」ともう一度、繰り返した。「二航士もなんかを見間違えたんじゃねえか」そういうとあいつは降り始めた。
「それで上には誰もいないのかよ」俺が聞くと、いねえと答えただけだった。デッキに着くと、二等航海士が船尾楼を駆け下りてきた。そして俺たちに向きなおり、いった。何か期待してるみたいだった。

つづく

色を付けたところはよく分からなかった部分です。

kane



スポンサーサイト

kaneさん、待ってました。
色部ですが

男たちは大人しくはしていたが興奮気味だった。けれども俺にはそこにはさらに好奇心をそそるものがあるような気がして、おそらくはその不思議な出来事の全てが白日の下に晒されると確信していた。そう考えて風下を見やると、俺と同じようにして皆もそちらを見ていた。

とか、そんな感じでしょうかね?

2007.10.15 23:21 URL | shigeyuki #- [ 編集 ]

さっそくのご指摘ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

kane

2007.10.15 23:24 URL | #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/91-af1c0302

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。