Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

The Riven Night


by William Hope Hodgson



 Captain Ronaldson had lost his wife. This much we knew, and when the stern-visaged man came aboard to take command, it was I, the eldest apprentice, who stood at the gangway and passed his "things" aboard. One quick glance I have in his face as he passed me, and the world of sorrow that lurked in those sombre eyes touched me with a feeling of intense pity; though I knew little, save that he had lost his wife after a brief space of married life. Afterwards I learnt something of their story. How he had fought and saved to make sufficient to marry the woman he loved. How for her sake he had lived straightly and honourably, working at his profession until at last he had obtained a Master's certificate. Then they had married, and for six brief weeks' joy had been theirs; and now--this!
 During our outward voyage the Captain was grimly silent. He acted like one who had lost all interest in life. As a result, the two Mates after a few attempts to draw him into conversation left him pretty much to himself, which indeed was what he apparently desired.
 We reached Melbourne after an uneventful voyage and, having discharged and reloaded, commenced the homeward passage: the strangest and weirdest, surely, that ever man took. Even now, I scarce know what was real and what not. Sometimes I'm almost persuaded that the whole dread incident was a fearsome dream, were it not that the things which happened (things I cannot explain away) have left all too real and lasting traces.
 We had a tedious passage with continual headwinds, heavy gales, and long calms, and it was during one of these that the strange thing I have to tell of befell.
 We had been out a hundred and forty-three days. The heat had been stifling, and thankful I was when night came, bringing its shade from the oppression.
 It was my "timekeeping," and I walked the lee side of the poop sleepily.
 Suddenly the Second Mate called me up to wind'ard. "Just have a squint over there, Hodgson; I seemed to see something just now, "and he pointed out into the gloom about four points on the port bow.
 I looked steadily for some minutes but could see nothing. Then there grew out of the darkness a faint, nebulous light of a distinctly violet hue. "There's something over there, Sir," I said. "It looks like one of those corpse-candles."

****************

裂かれた夜 


ウィリアム・ホープ・ホジスン 著

shigeyuki 訳


 キャプテン・ロナルドソンは妻を亡くしていた。これは我々のよく知るところであった。いかめしい顔つきの男が指揮を執るために乗船してきた時、舷門に立って彼の「荷物」を運び込んだいちばん古株の見習い、それがわたしだった。船長が通り過ぎる時、わたしはちらりと彼の顔を盗み見たが、陰鬱な眼差しの奥にある悲しみの深淵に触れると、激しく胸が痛んだ。だがわたしが僅かに知っていたのは、船長は結婚していくらも経たないうちに妻を亡くしたということだけだった。後になって、わたしはそうしたことについていくらか詳しく知るようになった。いかにして彼が戦い、愛する女性との結婚を勝ち得たのか。どれほど彼女のために誠実に、そして高貴に生き、そしてついには船長の証書を手に入れるに至ったのか。そして彼らは結婚したが、その喜びはたった六週間という短い期間しか続かなかったのだ。そして、今は……!
 航海の往路の間中、船長はじっと沈黙を守っていた。彼はまるで生きることへの興味を失ったかのように振舞っていた。その結果、二人の船員は会話に彼を引き込もうとはしたものの、彼が明らかに一人でいたいと願っているように思えたため、ほとんどの時間は彼をひとりにしておいた。
 我々は平穏な航海の後にメルボルンへ到着し、陸揚げと積み込みを終え、帰途についた。だがそれは人が経験し得ることの中でも、確実に、最も不思議で気味の悪い体験だった。今でさえ、わたしには夢とうつつの線引きができないでいる。時々わたしは、一連の畏怖すべき出来事の全てが恐ろしい夢であったのだとしか思えなくなる。もしその一連の(私には解明できない)出来事が、あまりに明白で、恒久的な痕跡を残していなかったとしたならだが。
 我々は絶え間ない逆風や強風、それから長い平穏といった退屈な航海を続けていたが、わたしが語ろうとする奇妙な出来事は、そうした一連の航海の間で起こった。
 我々が航海に出てから、一四三日が経っていた。息苦しいほどの暑さで、夜がやってきた時には、うだる大気に帳を下ろしてくれたと有難く思った。
 その時わたしは「当直」で、眠い目を擦りながら、船尾の風下舷を歩いていた。
 突然、二等航海士がわたしを呼ぶ声が風上から聞こえた。「ホジスン、目を凝らして向こうを見てくれ。俺には何かがあるように見えるんだが」そして彼は左舷船首のコンパスの辺りの暗がりを指し示した。
 わたしはしばらくじっと見詰めていたが、何も見えなかった。そのうち闇が少しづつ薄れ、はっきりとした紫の色合いをした、ぼんやりとした光になった。「むこうに何かありますね」とわたしは言った。「まるで人魂のように見えます」

"The Riven Night"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト

何かホジスンの作品にしてはちょっと毛色の変わった雰囲気で、今後の展開が楽しみです。

kane

2007.11.01 00:45 URL | kane #- [ 編集 ]

訳文のせいでしょうか?
それほど長くない作品ですけれど、ストーリーそのものよりも、イマジネーションが独特で、僕にはこれはホジスンならではの作品だなあという気がします。

2007.11.01 21:30 URL | shigeyuki #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/92-0b8e30d7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。