Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 The Second had another long look, and then went for his nightglasses. For some time after, he watched the thing at intervals, taking short hurried strides up and down the poop between whiles.
 Evidently he was puzzled; so was I for that matter. The light was not that of another vessel; it appeared to be, as I have just said, more of the nature of a corposant, or "corpse-candle."
 Presently the hail of the "lookout" came hollowly aft. "Light on the port bow, Sir."
 "Thanks for nothing," I heard the Second Mate mutter: then louder, "Aye, Aye."
There was not a breath of wind. The "courses" had been hauled up to prevent chafing, and we were lying silently in the night.
 A little later, after a prolonged gaze, the Second again called me to him and asked if I thought the light any plainer. "Yes, Sir," I replied. "It's much plainer and larger too, Sir."
 For a while he was silent.
 "Queer thing, Sir." I ventured after a bit.
 "Damned queer!" he replied. "I shall call the Old Man soon if it comes any closer."
 "Perhaps it's not moving," I suggested. The Second Mate looked at me a moment moodily, then stood upright with a sudden movement.
 "I never thought of that," he cried. "You think we may be in a current taking us towards it?" I nodded silently.
 He went to the side and looked over, then returned irritably. "I wish to heaven it was daylight!" he snapped. In a while he looked again; then an exclamation of surprise came from him quickly, and turning, he handed the glasses to me.
 "See if you can see anything queer about it," he said.
 I had a long look, then passed them back to him.
 "Well?" he questioned impatiently.
 "I don't know, Sir," I answered. "It bbeats all I've seen while I've been fishing: it seems tons larger too.
 "Yes, Yes!" he growled, "but don't you notice anything about the shape?"
 "Jove, yes, Sir, I do now you mention it. You mean it looks like a great wedge? And the colour, Sir, it's wonderful. You might almost fancy..." I hesitated somewhat shyly.
 "Go on," he grunted.
 "Well, sir, you could almost fancy it was a tremendous valley of light in the night."
 He nodded appreciatively, but said nothing.

****************

 二等航海士はさらに長い時間じっと見詰めていたが、それから夜間用双眼鏡を取りに行った。それからしばらくは、彼はそれに注意を配りつつ、時々少しせわしげに、大股で船尾桜を昇ったり下ったりしていた。
 明らかに彼は思案に暮れていた。それはわたしにしても同じことだった。その光は他の船ではなかった。その有様は、私が形容したように、自然現象であるセントエルモの火か、さもなくば「人魂」であった。
 まもなく、「当直」の声が船尾より虚しく響いてきた。「左舷前方に光があります」
 「わかってるさ」二等航海士の呟く声が聞こえた。それから彼は大きな声で言った「了解した」
 風はそよとも吹いてはいなかった。航路を、波を避けて船首を風上に転じていたから、我々は夜の静寂の中にあった。
 少し経って、じっと長い間目を凝らしていた二等航海士がまたわたしを呼んで、あの光はいくらかはっきりとしてきたと思うかと訊いてきた。
 「そうですね」とわたしは答えた。「はっきりしてきましたし、いくらか大きくもなってきていると思います」
 じっと彼は黙っていた。
 「奇妙なことですね」様子を伺って、わたしは言った。
 「全くおかしな事だ!」彼は答えた。「もしあの光がもっと近付くようなら、すぐにボスを呼んで来る必要があるな」
 「多分あの光は動かないと思います」わたしは思ったことを言った。二等航海士はわたしを訝しげに見詰めたが、いきなりさっと立ち上がった。
 「俺はそんなこと思いつきもしなかったよ」と彼は叫んだ。「お前は俺たちがあれにむかって流されて行くと思っているのか?」わたしは黙って頷いた。
 彼は船舷に行くと遠くを見遣り、そしていらいらしながら戻ってきた。「俺はあれが夜明けの光であることを祈るよ!」彼は吐き捨てるように言った。だが慌てて彼は再度そちらに目を遣った。そしてすぐに彼は驚きの声を上げた。彼は踵を返し、双眼鏡をわたしに手渡した。
 「何が見えるか、自分の目で確かめてみろ」彼は言った。
 わたしは長い間それを見詰め、それから彼に双眼鏡を返した。
 「どうだ?」彼はじれったそうに訊いてきた。
 「わかりません」わたしは答えた。「釣りをしていた時に見たものを思い出しますが。でももっと大きく思えます」
 「そうだろうさ!」彼は唸った。「だが、形態に注意はしてみたか?」
 「ええ、もちろん、注意を払いました。あれが巨大なくさび形をして見えるということを指しているんですよね?そしてあの色彩。ああ、言葉になりません。多分馬鹿馬鹿しいと思うでしょうが……」私は少し恥ずかしくなって、言い澱んだ。
 「続けろ」と彼は言った。
 「ええ……わかりました。あれが夜の中に開いた途方もなく大きな光の峡谷だと言ったら、きっと馬鹿馬鹿しいと思うでしょうね」
 彼は理解を示したかのように頷いた。だが、何も言わなかった。

"The Riven Night"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki



スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/93-421bb6b4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。