Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 An hour passed, and the thing grew visibly. From the main-deck came a subdued hum, the voices of the watch discussing the strange phenomenon in awestruck tones.
 It could be seen plainly now with the naked eye, a great chasm of violet light like the opening of a huge valley into dreamland.
 The Second Mate beckoned to me, and I went quickly.
 "Take the poop," he said, "and keep your eyes lifting while I go and call the Old Man."
 "Very good, Sir," and he went below. Presently he came up again.
 "Can't make him hear at all," he said uneasily. "Better run down and call the Mate."
 I did, and in a few minutes he joined the Second on the poop.
 At first the Mate did little but stare astonished at that uncanny sight, while the Second Mate told him what little we knew. Then we went to the chart room and presently returned. I saw him shake his head in answer to question from the Second, and after that they watched that growing mystery in silence. Once the Mate said something, and I thought I caught the words "luminous clouds," but was not certain.
 On we moved. The sight grew vaster.
 A little later the Second Mate had another try to wake the Captain, but returned unsuccessful.
 Down on the main-deck had gathered the whole crew Once a mans voice rose blasphemously. There was a growing mutter of anger, and the blasphemer was silent. Time passed slowly.

****************

 一時間が過ぎて、光はますます存在感を増していた。メインデッキには、奇妙な現象に畏敬の念を憶えた見張りたちの、互いに交し合うざわめきが広がっていた。
 夢の国へと通じる巨大な峡谷の賭場口のような、その紫色に輝く巨大な亀裂は、もはや裸眼でも容易に見ることが出来るようになっていた。
 二等航海士が手招きしたので、わたしは急いで彼のもとに行った。
 「船尾へ行け」と彼は言った。「それで俺が船長を呼んで来るまでじっかり見張ってろ」
 「わかりました」
 彼は下へ向かった。だがすぐにまた戻ってきた。
 「船長は全然起きる様子もねえ」彼は難しい顔をして言った。「下へ行って、航海士を呼んでくる方がよさそうだ」
 わたしは言われたとおりにした。しばらくして、航海士は船尾で二等航海士と合流した。
 最初、異様な光景を一瞥した航海士は目を剥いた。それで二等航海士は彼に我々が知っているだけのことを伝えた。それから我々は海図室に向かい、すぐに戻ってきた。わたしは彼が二等航海士からの質問に頭を振って見せるのを見た。それから後は、彼らは黙ったまま広がってゆく驚異をただ見詰めていた。一度、航海士が何かを呟き、わたしにはそれが《光彩の雲》と言ったように思えたのだが、確かではなかった。
 船は進んでいった。目に映る光景はますます巨大になっていった。
 少し後で、二等航海士はもう一度船長を起こそうと試みたが、上手くゆかず、戻ってきた。
 メインデッキには、全ての水夫たちが集まっていた。一人の水夫の口から冒涜的な言葉が吐かれたが、皆の口から怒りの声が上がり、黙り込んだ。時間がゆっくりと過ぎていった。

"The Riven Night"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/95-003b4e62

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。