Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 The gulf of light rose right up into the midnight sky spreading fan-wise, and vanishing into further space. We were apparently some two miles from it when I heard the First Mate whisper something and go back to our binnacle. When he came back I heard him mutter hoarsely that we were drifting directly into the thing. The words were caught by some of the crew and passed round quickly in accents of fear.
 Strange to say, no light came to us from the rift and this, I think, made it the more spectral and unearthly. The two miles had dwindled down to half, and I saw the Second Mate raise his glasses and look towards where the gulf had joined the sea. In fearful curiosity my gaze followed his, and there came to me a fresh feeling of dread as I saw that the point of the shimmering wedge seemed to drive far below the surface of the silent deep.
 Still nearer, now but a hundred yards from that luminous gulf. I stared but could see nothing.
 Nearer, and I looked up one slope of the riven night showing like the side of an eternal mountain.
The ship's bows drifted into the light. A moment, and I saw the foremast with its maze of ropes loom ghostly against that weird effulgence.
 The Mate spoke jerkily.
 "Damn!" he said, and was silent.
 I looked forrard again and stared, terrified.
 The fore-part of the ship had vanished. In place rolled a sea of violet clouds out of which rose grotesquely the frightened face of the lookout man. Further aft came the impalpable billows of mist. Forward of the foremast, nothing showed save that frightened face.
 The ship drove forward and the main-mast faded into nothingness. I saw the crew in the waist stare fearfully out of those trembling waves of mystery. A moment later it was upon me, and I found myself submerged in an ocean of violet shades that gleamed wondrously.

****************

 亀裂からの光はみるみるうちに真夜中の空に扇形に拡散し、宇宙に溶け合った。一等航海士が何かを囁いてビナクル(羅針儀箱)へ向かった時には、我々はそこから二マイルほどのところにいたに違いなかった。彼が戻った時、わたしは彼が掠れた声で、我らはまっすぐにあの場所に流されているようだと呟くのを聞いた。その言葉は数人の水夫たちの耳にも入り、すぐに恐怖のニュアンスとともに囁き交わされた。
 おかしな風に聞こえるかもしれないが、夜の裂け目からこちらへ向かって照射する光はなかった。私にはむしろそれが幽霊じみていて、この世のものとは思えなかった。その二マイルがやがてその半分の距離にまで縮まった時、わたしは二等航海士が双眼鏡を取り上げて、夜の亀裂が海へと繋がっている辺りを観察しているのを目にした。怖いもの見たさで私は彼に続いてそちらを見詰めたが、そのとき目にした光景に畏怖の念を新たにした。ゆらめく楔形の先端部分が、静かで深い水面の遥か下にまで真っ直ぐに突き刺さっているかのように思えたのだ。
 近付いてはいたが、それでもまだ輝く亀裂からは百ヤードはあった。わたしはじっと目を凝らしたが、何も捉えられなかった。
 さらに近付いたとき、わたしは《永遠の山》の山の側面のように見える、裂かれた夜の傾斜の片側を見上げた。
 船の船首は光の方へ進路を取り、押し流されていた。その直後、わたしはロープを巻きつけたフォアマストに不思議な輝きが、まるで幽霊のようにぼんやりと現れたのを見た。
 航海士は動揺したようだった。
 「クソ忌々しい!」と彼は言った。それからまた静寂がやってきた。
 わたしはまた前方をじっと見詰め、恐怖した。
 船の前方部分が消滅していた。その部分には、代わりに紫色をした雲の海が横たわっていて、そこから見張りの水夫の恐怖に歪んだグロテスクな顔が突き出していた。遠く船尾方向からは、霧で出来た波のようなものがやってきていた。フォアマストの前方には、恐ろしさに歪んだ顔以外には何も見えなかった。
 船が前に進むにつれ、メインマストは虚空に呑まれて見えなくなった。わたしはの目に、中部甲板の水夫が神秘的な波の揺れるさまをじっと恐ろしげに見詰めているのが映った。そのすぐ後で奇妙な波はわたしにも覆い被さってきた。そして気付いた時には、わたしは何とも奇妙な輝きの、紫色の陰影を持つ海の底に沈んでいた。

"The Riven Night"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/96-18a0a4fb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。