Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 Suddenly there came again that windy moan, and then a cry of indescribable fear from many voices, followed by a sound as of whispering in the sky. I leapt to my feet and looked to where I had last seen the crew. There they were, all huddled together like frightened children, their eves staring fearfully upwards into the void. Instinctively my gaze followed theirs. At first I could not make out what it was they watched so steadfastly; but slowly there grew out of the mists shapes, shapes clothed mistily, that watched us with great sombre eyes. Nearer they came, and looking towards the distant mountains, I saw dusky masses of clouds sweeping steadily from their towering heights in our direction. On they came, and as they drew nearer I saw that they were not clouds, but legions upon legions of those spirit forms. Still they came, floating like great clouds of intelligence above us. The weird sight impressed me terribly. I felt that the end of all things was approaching. Then as I watched, a strange thing happened. From those unnameable beings above, there drove a single dim enshrouded figure. It came headlong like a storm-driven cloud, and stopped before the crowd of cowering sailors. Then, as the wrappings of a shroud, rotten with extreme age might fall away shewing the corpse within; so did the dusky mist slip away and reveal to my astonished gaze-not a corpse, but the face and figure of a lovely young girl. I gave a gasp of astonishment, and leaned forward to get a better look; even as I did a tall form sprang from amongst the crowding sailors and shouted hoarsely.

****************

 突然また風の唸る音が響き、それから夥しい数の声の、何とも言えない恐ろしい叫び声が、空で囁きを交わし合うかのようにそれに続いた。わたしは足を踏み出して、最後に水夫たちを見た辺りを見た。彼らは相変わらずそこにいたが、恐怖に怯えた子供たちのようにひと固まりになって、上方の虚空を恐ろしそうに見詰めていた。はっとして、わたしも彼らに倣って頭上を見詰めた。最初、わたしには彼らが見ているものが何なのか、はっきりとは分からなかった。しかし次第にそれらは霞の形態から脱して、朧げではあったが、深く陰鬱な眼差しで我々を見詰めていた。それらの近く、遠く離れた山脈に目をやると、薄暗い一群の雲が、我々の向かう方向に聳えたつ高みから刻々と迫ってくるのが見えた。それらがやってきてさらに距離を詰めてくるにつれ、私にはそれは雲ではなく、形を持った霊魂の群れであるということが分かった。それらは静かに、まるで我々の上に漂う偉大な知性を持った雲のようにやってきた。その人智を超えた光景にわたしは畏怖した。わたしは全ての終りが近付いているのだと感じた。そうして見ていたその時、奇妙なことが起こった。それら名状しがたいものたちの向こうから、ぼんやりと霞んだ影が一つ進み出た。それは嵐に翻弄される雲のように猛然と現れ、小さくなって怯えている水夫たちの前までやってきて止まった。それは死者を包む埋葬布のようで、長い年月で腐って剥げ、中の死者が覗いていた。すると薄暗い霞はすうっと晴れ、中から現れたのは驚いた事に……死体ではなく、愛らしい少女の姿だった。わたしは驚き、喘いだ。そしてさらに良く見ようとした。とその時、背の高い男が水夫の群れの中で跳び上がり、かすれた声で叫んだ。

"The Riven Night"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/98-59c74a18

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。