Sigsand Manuscript

ウィリアム・ホープ・ホジスンとその周辺

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

 "Mary! Mary!" it said, and ended in a harsh scream. It was Langstone, one of the A.B.'s. The girl put one ghostly hand to her heart, and I saw the handle of a sailor's sheath-knife showing starkly. What she meant, I could not at first make out. Then Langstone's voice rose shrilly, "Mary! Mary! Forgive..." He stopped abruptly. The girl-spirit after that one accusing gesture had turned away coldly and unforgivingly. I saw Langstone give a despairing glance at the shrinking men, then with a cry of "God help me," he leapt away out into the purple billows, and faintly to my ears as though from miles beneath my feet came the sound of a far distant splash, and then a long dread silence.
 In a while I looked again towards those gloomy heights, but now I could no longer see the spectral hosts; instead it had grown wonderfully clear, and far into the void I saw a speck of snow-white fleece which grew rapidly larger as I watched, until presently -- it floated just overhead, and I made out a tender, womanly face smiling down upon me. It was the face of my mother who a short year previously had passed into the arms of the Great One. I took a step forward and held my arms out supplicatingly I felt as though the tumultuous beating of my heart would suffocate me. I called "Mother," first softly, then loudly, and saw the dear lips move tremulously. Then even as I watched, it faded and like a dream was gone. For some moments I stood looking tearfully and unbelievingly upwards, until sorrowfully it was borne upon me that she had indeed gone.

****************

 「メアリー!メアリー!」そう彼は言ったが、最後は半ば耳障りな金切り声だった。それはラングストンという、AB船員の一人だった。少女はその霊的な手を心臓の辺りに持って行ったが、そこには水夫の鞘ナイフの柄がはっきりと見えた。最初、わたしには彼女が何を指し示したいのかわからなかった。その時、ラングストンの甲高い声がした。「メアリー!メアリー!どうか許してくれ……」彼は突然口をつぐんだ。その少女の霊体が、非難するかのような仕草をした後、許さないといった風にに冷たく顔を背けたのだ。わたしはラングストンが尻込みする水夫たちを絶望的な眼差しで一瞥するのを見たが、それから彼は「神よ救いたまえ」と叫んで、紫の雲海へと飛び込んだ。そしてわたしの耳に、まるで数マイルも下方で鳴ったかのような、遠い水飛沫の音が聞こえてきた。そして次にやってきたのは長く重い静寂。
 しばらくの間、わたしはまた暗い高みを見詰めていたが、もはや奇妙なものたちは見えなかった。それどころか次第に素晴らしく視界が鮮明になって、虚空に雪のように白い羊毛のようなものが小さく見えたが、見詰めているとそれは急速に大きくなり、間もなくそれは頭上に漂うまでになった。それは柔らかく、優しい表情でわたしを見下ろしていた。それは数年前にグレート・ワンの腕に抱かれて逝ってしまったわたしの母の顔だった。わたしは足を踏み出し、腕を広げて涙を流した……心臓が早鐘を打ち、息が詰まりそうだった。「母さん」とわたしは呼んだ。最初は小さく、それから次第に声を張り上げて。すると、母の唇が震えるように動くのが見えた。と次の瞬間、母の姿はまるで夢が醒めるかのように消えてしまった。母が実際に去ってしまったのだということ認識し、それが悲しみにとって代わるまでの間、わたしは信じたくないという気持ちで泣きながら虚空を見詰めて立ち尽くしていた。

"The Riven Night"
Written by William Hope Hodgson
(ウィリアム・ホープ・ホジスン)
Transrated by shigeyuki


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://nightland.blog86.fc2.com/tb.php/99-3a36b15d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。